東京大学佐藤研究室では大学院生・ポスドクを募集しております.

 私たちの研究室に興味を持たれた方は,随時研究室訪問を受け付けておりますので,電子メールにてご連絡下さい.


大学院生として佐藤研究室で研究したい方のために

大学院説明会

第1回 平成29年4月22日(土)13:00 〜

第2回 平成29年5月27日(土)13:00 〜

詳細は以下のホームページをご覧下さい.

http://www.kouiki.c.u-tokyo.ac.jp/examination/briefing.html



博士研究員(ポスドク)として佐藤研究室を希望する方

日本学術振興会特別研究員(RPD, PD)

提出先:東京大学大学院総合文化研究科大学院係

提出期間:

RPD 平成29年4月17日(月) 〜 18日(火)

PD   平成29年5月12日(金) 〜 18日(木)

詳細は以下のホームページをご覧下さい.

http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/notice/20170331110746.html


研究内容と研究方針

 「生きた細胞や生体内で何が起こっているのか」という疑問を目で見て解決できるようにすることが当研究室の目的です.これを実現するために当研究室では,蛍光タンパク質や生物発光タンパク質などを活用して,センサーとなる,つまり特定の生体分子を捕まえて光る機能性分子(probe;プローブ)を設計・開発しています.

 この独自のプローブを細胞や生体に導入して顕微鏡等で観察することにより,生きた細胞や生体内で生体分子がどのように機能しているのか,その時間的・空間的な動態をリアルタイムで可視化します.このように「見えなかったものを見えるようにする」新しい分子イメージング技術を核として,生命機能を支える動的分子情報の発見・解明とともに,分子レベルでの疾患の理解を目指しています.また,独自の分子イメージング技術に基づいて,安全でよく効く薬物の革新的スクリーニング法の開発研究や疾患の新しい診断法の開発研究も精力的に行っています.

 都心にありながら静謐の刻を与えてくれる美しい駒場の研究環境は,創造性あふれる研究を展開するには最適です.独自の分子プローブを設計・開発し,これを使って誰も見たことがない細胞の中や生体内の分子の世界を明らかにし,かつ最終的にはその成果を新しい医療・診断法や創薬という形で社会に還元するという共通した意識を持って,教室員一同,研究に邁進しております.あなたが開発した新しい技術も世界中の研究者に使われるようになるはずです.

 新しい研究分野の開拓に意欲を燃やす大学院修士課程・博士課程の入学希望者,および光遺伝学,ゲノム編集,生命科学,化学,薬学,医科学,ナノバイオロジー,ナノテクノロジー,生物物理学など,様々なバックグラウンドを有し,意欲あふれるポスドクを募集します.


-------------------- 連 絡 先 ------------------------

東京大学大学院総合文化研究科 佐藤守俊

E-mail: cmsato-at-mail.ecc.u-tokyo.ac.jp

----------------------------------------------------------



大学院生・ポスドク募集

Copyright (C) 2008 Sato Laboratory at UT, All rights reserved.

PublicationsPublications.html
PeoplePeple.html
M. SatoM._Sato.html
ContactContact.html
PhotosPhotos.html
HomeHome.html
LinksLinks.html
Englishhttp://park.itc.u-tokyo.ac.jp/satolab/SATO_Lab_3/English_Home.html
NewsNews.html
■HOT NEWS■
News.html

大学院説明会

第1回 4月22日(土)

第2回 5月27日(土)


2017年3月23日

二本垣裕太くんが一高記念賞を受賞しました.おめでとう!


2017年2月14日

古谷くんと上田くんの ”Magnet” システムによる光操作の高効率化に関する成果がACS Synth. Biol. にpublishされました.


2016年10月21日

兪改改くんと小野寺くんの三量体GTP結合タンパク質の光操作技術に関する成果がSci. Rep.publishされました.


2016年10月11日

河野くんと岡崎さんのDNA組換えの光操作技術(PA-Cre)に関する成果が Nature Chem Biol. にpublishされました.


2016年4月11日

静岡大理・成川研との共同研究の成果が Front. Microbiol. にpublishされました.


2016年3月24日

岡崎里紗子さんが一高記念賞を受賞しました.おめでとう!


2015年8月12日

金沢医科大学・上田先生との共同研究の成果がSci. Rep.publishされました.


2015年6月16日

二本垣くんのゲノム編集の光操作技術の開発に関する研究が Nature Biotechnol. publishされました.


2015年2月24日

河野くんの光スイッチタンパク質”Magnets”に関する研究がNature Commun.publishされました.


2015年1月23日

二本垣くんのゲノム遺伝子の光操作に関する研究が Chem. Biol. publishされました.


2015年1月22日

静岡大理・成川研と東大院総合文化・池内研との共同研究の成果が Sci. Rep. publishされました.


2014年11月11日

慶應大理工・鈴木研との共同研究の成果が Chem. Commun. にpublishされました.


2014年1月17日

二本垣くんの光スイッチタンパク質に関する研究が ACS Chem. Biol. publishされました.


2013年12月19日

河野くんの光操作技術に関する研究が PLOS ONE にpublishされました.



NEWS 一覧